Xiaomiの新ファブレット「Mi Note」はiPhone 6 Plusの対抗馬?

Xiaomiの新ファブレット「Mi Note」はiPhone 6 Plusの対抗馬? 1

選んで買えるようになるといいな。

成長著しい中国のスマートフォンメーカーのXiaomiから、新型フラッグシップスマートフォン「Mi Note」が発表されました。iPhone 6 Plusと同サイズの同端末はかっこ良くてハイスペック、さらにそれほど高価でもなくいい感じに仕上がっています。

Mi Noteは厚さ6.95mmの薄型ボディ5.7インチ・フルHD解像度液晶を搭載し、ディスプレイのエッジはiPhone 6 Plusと同じようにカーブした形状(XiaomiはこのGorilla glass製ガラスを2.5Dと呼んでいるそうですが)。プロセッサはSnapdragon 801でRAMは3GB、3,000mAhのバッテリーと1300万画素の背面カメラを搭載しています。

Xiaomiの新ファブレット「Mi Note」はiPhone 6 Plusの対抗馬? 2

価格も魅力的です。ベーシックモデルが2,299元(約4万3,000円)、Snapdragon 810や1,440p解像度(2,560×1,440ドット)ディスプレイ、4GBのRAMを搭載したProバージョンが3,299元(約6万2,000円)。超安い!ってわけではありませんが、アップルやサムスンのファブレット端末に比べれば確実にお求めやすくなっています。

Xiaomiは中国を中心にアジア圏で商品を販売しているので、米国での販売予定があるかは不明です(もちろん日本も不明)。でも、昔はiOSにそっくりなOSを作っていたXiaomiがこれだけ魅力的な端末を開発するまで成長したのは、なんだか感慨深いですね。日本でも、今流行のMVNOの格安SIMと合わせて販売したらかなりヒットしそうな予感です。近い将来、Xiaomiの販売網が広がることを期待しましょう。

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)