クリエイティブに働く人のための厳選ガジェット10選

150211gadgetsforcreatives1.jpg

すべてのクリエイティブな人に。

クリエイティブな人は自分の使うものにこだわるもの。別にアーティストや作家でなくても何か作ったり作業する人であればどんな仕事でもクリエイティブになるはず。そんな仕事にピッタリのガジェット10選を紹介します。

1. AERON CHAIR

150211gadgetsforcreatives2.jpg

言わずと知れたハーマンミラー社のAERON CHAIRはただのMOMA永久コレクションじゃありません。見た目は確かにクールですが、それ以上に人と環境の両方に優しい設計になっているんです。どんな体型の人にもフィットするし、94%もリサイクル可能です。ボディの色は黒だけど究極にグリーン。

2. STANDSTAND

150211gadgetsforcreatives3.jpg

とにかく立って仕事。近年の研究で座って仕事することは、健康にもよくないことがわかってきています。立って仕事する人のための立った机がStandStand。ポータブルなのでどこに行っても立って仕事できます。周りの目は若干気になるかもだけど。

3. SKIVA'S OCTOFIRE 8 PORT USB 3.0 HUB

150211gadgetsforcreatives4.jpg

みんなで仕事する上でベストなUSBハブがこれ。OctoFireは名前の通り一気に8デバイスまでつなぐことができて、データの同期も5Gbpsというスピード。充電スピードも他のどんなチャージャーにも負けないそう。

デバイスはアップルのiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini、サムスンのGalaxy S5、 Galaxy Tab、Galaxy Noteなどあらゆるものに対応しています。パソコンにつながっていないときはスタンドアロンの充電器としてもパワフルに働くので重宝しそう。ちなみに過剰な熱や充電、電圧などは防止するよう設計されているのでご安心を。

4. ZOLT CHARGER PLUS

150211gadgetsforcreatives5.jpeg

普段自分一人で使う分にはできるだけ軽くてコンパクトなモバイルバッテリーがいいですよね。Zoltは一台でラップトップからタブレット、携帯、GoPro、カメラなどあらゆるものを充電することができます。Macの煩わしいケーブルもこれで運ぶ必要なし。

5. THE LEVEL

150211gadgetsforcreatives6.jpg

The LevelはFluidStance社からの初の製品で、コンセプトはずばり「動いて仕事をする」こと。StansStandと同じく座って仕事をすることから抜け出そうという考えです。立って仕事をするのはまだしも動きながら仕事ってのはイメージできない分ぜひ試してみたいです。

6. STIR KINETIC DESK M1

150211gadgetsforcreatives7.jpeg

世界でも最高レベルのスタンドデスクがこのStir Kinetic Desk M1。そのオーガニックな曲線美と柔らかいエッジで腕への負担が抑えれらていることが特徴です。驚くなかれ、ネットに繋がっているので、クラウドにデータを保存したりFitbitのようなデバイスと同期が可能となっています。

7. ZUTA

150211gadgetsforcreatives8.jpg

ギズモードでも紹介したモバイルプリンターロボットZUtA。普段大量に印刷する人でなければこの一台でデスクもスッキリして良さそうです。PCやモバイルと繋がってどんなサイズの紙でも印刷してくれます。

8. THE CONFERANCE MATE

150211gadgetsforcreatives9.jpg

The Conference Mateは高音質の会議用スピーカーで4×4インチのコンパクトサイズ。iPhone、Android、タブレット、PC、Bluetooth対応デバイスに対応していて、スムーズで快適な会議にもってこいです。

9. PENCIL BY FIFTYTHREE

150211gadgetsforcreatives10.jpg

有名なイラストアプリPaperを出しているFiftyThree社のタッチペンです。書き心地に徹底的にこだわり、ペンの後ろでタッチすると消しゴムにもなる優れもの。簡単なイラストやメモなど仕事に重宝しそう。

10. MOLESKINE SMART NOTEBOOK

150211gadgetsforcreatives11.jpg

デジタルとアナログが融合したMoleskin Smart Notebook。iOSの対応アプリとAdobeのCreative Cloudが連携して紙にスケッチしたどんなイラストもデジタルファイルにしてくれます。もちろんデジタル化された画像はPhotoshopやIllustratorで編集可能です。紙とデジタルがここまでスムーズに繋がるのはクールです。

source: Creative Boom

(ケンタロー)