超巨大望遠鏡「SKA」で138億年前の宇宙誕生の謎が解けるかも?

Mugendai

超巨大望遠鏡「SKA」で138億年前の宇宙誕生の謎が解けるかも? 1

ロマンですね。

みなさんは今、全世界を巻き込んだ、史上かつてないほど壮大な計画が進んでいることをご存知でしょうか? それは「スクエア・キロメートル・アレー(SKA)」という超巨大な電波望遠鏡を作るというものです。

最新の研究により、この宇宙が生まれたのは約138億年前に起こったビッグバンからだということが解明されています。ビッグバン以降にこの宇宙を構成するすべての素粒子が作られ、その92億年後(今から約46億年前)に我々が住む星、地球が生まれたのです。しかし、ビッグバンの直後から宇宙がどのように形成されてきたのかは未だに多くの謎が残されています。

SKAは、世界20カ国が15億ユーロ(約2025億円)を出資し合い、2024年の完成を目標に南アフリカとオーストラリアへ分散して建設される予定の電波望遠鏡です。なんと集光面積が約1平方kmにも達するもので、この超巨大望遠鏡で観測を行うと、ビッグバンの名残であるかすかな電波を捉えることができるそうですよ!

もう、壮大すぎで頭がパンクしてしまいそうですが…。この電波望遠鏡が1日に蓄積するデータは64GBのiPodの1500万個分だというからそのスケールの大きさが伺えますよね。そんな途方も無いくらい膨大なデータの処理を行うためにはそれ相応の処理能力のあるスーパーコンピューターが必要です。IBMとASTRONが共同してエクサスケール・コンピューター・システム開発「DOME」というプロジェクトを進めているそうですよ。

無限大(mugendai)ではこのプロジェクトの詳細について紹介していますので、気になる方は見てみてください。地球の裏側でこんな壮大な計画が進められているなんて、日頃の悩みがちっぽけに感じられちゃいますね。

image by shutterstock

source: 無限大(mugendai)

(前田真希子)