アップル独自の自動車、2020年に発進予定かも

アップル独自の自動車、2020年に発進予定かも 1
※画像はイメージ。

デザインがとっても気になります。アップルが電話を作ればiPhone、だったら車を作ればiCarになるだろう…なんてジョークが冗談ではなくなるかもしれません。ブルームバーグによると、アップルは2020年に自動車の製造を開始すると報じているんです。

アップルはつい先日、独自に自動運転システムを搭載した電気自動車「コードネーム:Titan(タイタン)」を開発しているとロイターによって報じられたばかり。これはひょっとしなくても、計画が現実のものである可能性は低くなさそうです。

同社には組み込み式の車載システム「CarPlay」がありますが、報道にある自動車には自動運転システムを含め、さらに高度なシステムが搭載されているのかもしれません。目的地を告げればシートで寝てるだけで目的地に到着するぐらいできるかも…なんて夢が広がってしまいますね!

アップルはこれまで自動車開発に関係すると思われるさまざまな人材を集めており、メルセデステスラからも人材を引き抜いているそうです。なかには、とあるバッテリーメーカーからエンジニアの引き抜きに関して訴訟を起こされてしまったなんて例も。いつの世も、新製品の開発競争って本当に激しいですね。

ブルームバーグによると、自動車製造への参入には5年~7年くらいの年月が必要だそうです。5年後の2020年に車の生産を開始するという話は、わりと理にかなったスケジュールですね。また開発チームは約200人でスタートし、将来的には1,000人もの従業員が開発に携わるとのこと。いやー楽しみじゃないですか、アップル独自の自動運転・電気自動車。5年後の発売を信じて、今から貯金の長期計画を建てるのもアリかもしれませんよ。

source: Bloomberg via Cult of Mac

(塚本直樹)