2025年のMacはこうなっている?「lightmac」のコンセプト・デザイン

2025年のMacはこうなっている?「lightmac」のコンセプト・デザイン 1

2025年のMacはこうなっている?なコンセプトデザインlightmac」。デスクトップコンピューターのパワフルさと、タブレットのタッチスクリーンの良いとこ取り、さらにスクリーンをプロジェクションすることで超軽量になるというコンセプトです。

16GBのRAM、24時間のバッテリー駆動時間、bluetooth6.0、ワイヤレスキーボード。スクリーンサイズも自由にカスタマイズできるのだそうです。

2025年のMacはこうなっている?「lightmac」のコンセプト・デザイン 2

中央のステーションでデスクトップコンピューターの機能を担い、「枠」がプロジェクターの機能のようですね。

2025年のMacはこうなっている?「lightmac」のコンセプト・デザイン 3

スクリーンサイズは指で変えられます。

2025年のMacはこうなっている?「lightmac」のコンセプト・デザイン 4

インダストリアルデザイナーのtomas moyano氏が考案、これが実現したらすごいですね。でもテーブルに映して使う事が前提だったら、そんなに使いやすく無い…かな?2つの枠のデザインも少し謎ですね。

Source:designboom

(mayumine)