ドローンで、ブラジルの超巨大キリスト像の3Dデータ完成。グリグリ動かせる!

ドローンで、ブラジルの超巨大キリスト像の3Dデータ完成。グリグリ動かせる! 1

リオデジャネイロの空を飛んだドローン、その目的は。

ブラジルはリオデジャネイロにあるコルコバードのキリスト像は、もちろん世界的に有名な像であり、多くの人が訪れる観光地です。この像は、複製制作が難しいと言われています。なぜなら、風の強い湾岸の丘の上にあるから。測定がしにくいわけです。そこでドローンの出番! プロが集結し、コルコバードのキリスト像の3Dスキャンデータを作成したのです。

ドローンが像の周辺を跳び、3,500枚の画像を撮影。Pix4Dという会社のソフトウェアを使うことで、2,090枚の画像から1億3440もの点を取り出し、3D化に成功。そのデータを元にレンダリングしたものがこちら。見事に再現されています!

Pix4D社は、過去にマッターホルンの3Dマップを作成したことで知られていますが、今回のチャレンジは、強風や光の具合、天候など、多くの新たな試練があったと言います。

source: Pix4DSketchfab

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)