月面レース開催! 日本の月面探査チーム「HAKUTO」が参戦

150225Lunar_Xprize.jpg

今まさに、史上初のレースが始まろうとしています。

グーグルが主催する、賞金総額3,000万ドル(約36億円)を掛けたプロジェクト、「Lunar X Prize」。月面にローバー(探査車)を着陸させ、月面を撮影した写真や指定されたデータを送信することがミッションで、参加するのは全て民間のチームになります。グーグルは2007年からこのプロジェクトを開催してきましたが、ここにきて各チームの熾烈な争いが繰り広げられそうな予感…。

月面へのスタートダッシュを切るのは2チーム。先月の予選を見事勝ち抜き賞金初回分をゲットした日本の「HAKUTO」アメリカの「Astrobotic」です。両者とも打上げは2016年後半を予定しており、スペースXのファルコン9ロケットへ相乗りする契約を交わしました。優勝賞金は2,000万ドル(約24億円)。手にするには、最低500mの探査・HD動画と写真の地球への送信を最初に達成することが条件。さあ、1番乗りはどちらでしょうか?

契約に関するプレスリリースにて、AstroboticのCEOはこう語っています。「NASCAR(全米自動車競争協会が統括するレースの総称)を月面でしたいと思った。国を代表するチームが同じスタートラインに立ち、それぞれの国民は自分たちのチームをゴールまで全力で応援する。HAKUTOは、そんな我々の夢を叶えてくれた最初のチームだ。これで史上初の宇宙レースが実現するだろう。」

でもたった500mでレースって言える? そう思ったあなた、彼らのレース会場はあくまで月面、そしてレーシングカーはローバーだということをお忘れなく。例えば、NASAが開発した、おそらく世界で最も技術的に優れているであろうローバーは火星で爆速の毎時30mしか進みません。

そうなると、まず爆発せずに軌道に乗り、着陸に成功し、そして最初の100mをぶっ壊れないで無事に走りきる。それだけのことがどんなに難しいか、ひしひしと感じてきますよね。今回新たに注目を集めた2社は、当然のことながら予算も限られ、NASAのような経験もありません。もし彼らが成功すれば、民間の宇宙探査の大きな道しるべとなるでしょう

source: Astrobotic

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(SHIORI)