アップル史上最大の投資? 約20億ドルでクリーンな巨大データセンターを建設予定

2015.02.05 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150205datacenter.jpg


アップルの設備投資は並大抵の規模じゃないですね。

2014年にアップルへサファイアガラスを供給していたGT Technology(以下GTアドバンスト)が破産したことにより、アリゾナ州とマサチューセッツ州のサファイア工場が閉鎖されたのは、まだ記憶に新しいですよね。

2月2日(月)、アップルはアリゾナ州知事のDoug Duceyさんと共同して、アリゾナ州のメサで以前GTアドバンストのサファイア工場として使われていた敷地が、アップルの巨大なデータセンターに生まれ変わることが発表されました。その費用はなんと、約20億ドル(約2,360億円)。アップルはGTアドバンストが土地の権利を手放した直後に、新しい施設の建設を始めるそうです。

約39.6万平方メートルもの施設は元々、ソーラーパネルメーカーのFirst Solarの工場でした。その後アップルが土地の購入を発表し、サファイアガラスを大量生産するためにGTアドバンストに貸出されました。その矢先にGTアドバンストが破産を発表し、工場の閉鎖に追い込まれました。不幸中の幸いか、今回の超巨大なプロジェクトのおかげで、アリゾナ州では新たに600人以上のエンジニアと建築業務の雇用機会が創出されるそうです。

データセンター施設を動かす電力は、全てクリーンエネルギーでまかなわれます。そこで使われるのは、地元企業であるSalt River Projectソーラーパネル。このソーラーパネルから供給されるの電力はアリゾナの一般家庭14,500戸に必要な電力に匹敵するそう。ものすごい規模ですね…。


top image by shutterstock

source: GIGAOM

(徳永智大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Anker ソーラーチャージャー 折りたたみ式 PowerIQ搭載 (14W)
  • Anker
  • 大容量ソーラーチャージャー【P-6000Tブラックタイプ】 5000mAh 寒い冬こそ必携の大容量バッテリー! 電池消耗激しいスマホの動画視聴、LINEアプリのユーザーにも心強い5000mA! USB、AC電源、太陽光からも充電可能のソーラー充電器
  • Shenzhen Xiangqian Technology Co. Ltd.
・関連メディア