画面タッチで指紋認証ができる特許、アップルが取得

150210napplefinger1.jpg

ホームボタンがいならくなるかも?

iPhoneのホームボタンに搭載された指紋認証機能「Touch ID」はとっても便利ですが、今後は画面タッチでロックが解除できるようになるかもしれません。アップルが取得した特許「電子デバイス内の指紋認証センサー(Fingerprint Sensor in an Electronic Device)」では、ディスプレイ上指紋を認証する技術が説明されています。

そのアイディアのうちの1つが、上のイラストにあるようにiPadなどの大型ディスプレイで指紋認証を実現するというもの。特許では、複数の指紋を同時に読み取ったり、さらには手のひらの紋様を読み取るアイディアについても説明されています。複数の指紋を同時に読み取れば、かなりセキュリティがアップしそうですね。

150110napplefinger2.jpg

これまでも画面上で指紋を読み取るというアイディアはありましたが、それは画面の上に指紋認証センサーを置くというものでした。そのため、液晶の品質やタッチの精度に悪影響を及ぼすという弊害がありました。

でも、今回の特許では指紋センサーをカバーシートの下の方や、ディスプレイ表面層の下部に設置することを想定しています。これなら、ディスプレイの色の再現性や操作性を損なわずに指紋認証が実現できるってわけです。

いつものことですが、特許は取得されたからといってすぐに製品に反映されるとは限りません。でも単純に画面全体で安全にロックが解除されれば便利だし、さらにiPhoneからホームボタンがなくなれば本体の小型化にも役に立ちそうですね。実現に期待しましょう。

source: FPO via Business Insider

(塚本直樹)