噂が現実に…グーグル、Apple Pay対抗のGoogle Walletを大刷新へ

噂が現実に…グーグル、Apple Pay対抗のGoogle Walletを大刷新へ 1

すべてのAndroidをお財布ケータイに!

ようやく世界ではiPhoneが採用した「Apple Pay」モバイル決済のブームが訪れた形ですけど、その成功を尻目にグーグルは歯がゆい思いをしてきたはずです。だって、本来ならば、先に「Google Wallet」を普及させて、Androidスマートフォンとモバイル決済のコンビネーションを加速させるシナリオだったんですから……。

ところが、まだまだグーグルはあきらめておらず、AT&T、Verizon Wireless、T-Mobile USAを始めとする米大手携帯電話キャリアが支持しているモバイル決済事業者のSoftcard買収準備を進めているとのが流れていましたけど、どうやらその路線が軌道に乗ったみたいですよ。

このほどSoftcardと正式提携して、米国内の携帯電話キャリアへのサービス展開の足がかりを得たグーグルは、5月に開催されるGoogle I/Oカンファレンスにて、大刷新されたGoogle Walletのプラットフォームを披露すべく、着々と開発を続けており、その核心となる技術および知的財産権をSoftcardより取得したことが明らかにされています。

ただ、グーグルが目指しているのは、既存のSoftcardの提供アプリをAndroidスマートフォンへ統合するといった単純なものではなく、Google WalletにSoftcardのテクノロジーを組み込んで新たなプラットフォームを作り出す点にあるとも伝えられていることから、将来的にはSoftcardのサービス自体は終了せざるを得ないのではないかとの憶測も流れていますけどね。

なにはともあれ、iPhoneを買ったら、ユーザーは選択の余地なくApple Payを利用するという現状のコンセプトと同じく、AndroidスマートフォンユーザーならばGoogle Walletを自動的に利用するという高度な囲い込みレベルで、一気にグーグルがGoogle Walletの利用促進を狙ってくるのは間違いないでしょう。スマホがあればお財布いらず~。そんなライフスタイルが、これから世界で急速に普及していきそうですよね。

source: Google Commerce

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)