音楽サービスに向け?アップル今度は人気ラジオDJを引き抜く

音楽サービスに向け?アップル今度は人気ラジオDJを引き抜く 1

ラジオDJ at アップル。

BBCが報じたところによると、同社の人気ラジオ番組「BBC Radio 1」のDJゼイン・ロウ氏が3月5日の放送を最後に同社を退職。その後アメリカに移住し、なんとアップルでのキャリアをスタートするとのことです。

彼がアップルでどのようなポジションに着くのかは明らかにされていません。ただ、噂されるのは、経験とキャリアを活かせる音楽関係のサービスに関わる仕事ではないかと言われています。

ゼイン・ロウ氏は10年以上にわたりBBC Radio 1でDJの座を務めてきました。そのキャリアの中ではジェイ・ジーやカニエ・ウェスト、エミネム、フー・ファイターズといった有名アーティストとの交流も多々ありました。また、エド・シーランのように彼の番組で人気の出たアーティストもいるほど。その音楽に関する広い知見や、業界での人脈等で今後さまざまな場面でアップルを助けることになるでしょう。

先日、Beatsベースの音楽配信サービスが提供されるという噂があったように、アップルは今音楽サービスに対して非常に意欲的です。iPodとiTunesによって音楽業界を変えたともいえるアップル。その第2章は実はbeatsの買収劇からはじまっており、その一端をいま我々は目にしているのかもしれません。さまざまな噂が飛び交っていますが、今後も目が離せそうにありませんね。

Image by ra2studio/Shutterstock

source: The VergeBBCthe guardian

(小山和之)