アップル、Beatsベースの音楽配信サービスをOS XやiOSに統合へ?

150205napplebeats.jpg

これがBeats買収の最大の狙いかも。

世間をあっと言わせたアップルによるBeatsの買収ですが、いよいよその相乗効果がはっきりしそうです。海外ニュースサイトの9to5Macによると、アップルはBeatsベースの音楽配信サービスiTunesやiPhoneの音楽アプリに深く統合する予定だそうです。

この新しいストリーミングサービスは音楽ライブラリーの中心に位置づけられ、iTunesやBeatsのサービス上にある楽曲を、全て検索できるそうです。ユーザーは特定の曲をクラウド上から再生することも、iPhoneやiTunesに保存することも可能になるとのこと。

さらに、Beats Musicのプレイリストやアクテビティ、ミックス機能も新サービスに組み込まれ、他のユーザーの厳選プレイリストも楽しめるのだそうです。

アプリのデザインはBeatsのシンボルともいえる赤と黒を基調としたものから、iTunesやiPhoneの音楽アプリに似た、すっきりしたものに変更されるそうです。さらに注目すべきは、このサービスはAndroid向けにもリリースされる見込みがあることです。

Beats MusicのアプリはAndroid向けにもリリースされていますが、アップルによる公式アプリがAndroidプラットフォームでリリースされるのは初めてになるそうです。アップルもティム・クックがCEOに就任してから、だいぶ柔軟になったのかもしれません。

気になるのは月額料金ですが、アップルはこの新サービスを月額7.99ドル(約900円)で提供するそうです。これは月額9.99ドルのSpotifyやGoogle Play Music、さらにはBeats Musicよりも安いものになり、かなり魅力的な値段といえそうです。なお、Beatsベースの新サービスが始まった後も iTunes Radioは継続されるとのこと。

iTunes Raidoも魅力的ですが、クールなBeatsの音楽ストリーミングがiPhoneやiTunesで楽しめるのならますます楽しみです。もし正式にサービスが開始されるなら、日本向けのサービス開始もできれば早めにお願いしたいですね。

source: 9to5Mac via MacRumors

(塚本直樹)