ビスフェノールAの代用物質はBPAと同じくらい悪影響、研究で発覚

2015.02.01 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150202water.jpg


「BPA不使用」だからって安心できないかも?

カナダのカルガリー大学で行われた最新の研究で、ビスフェノールA(BPA)の代用物質であるBPSは、BPAと同じくらい人体に悪影響がある物質だということが初めてわかったようです。

BPAとして知られるビスフェノールAは、ポリカーボネート樹脂に使われており、例えば、水筒や哺乳瓶にも使われています。しかし、肥満や癌、子供の神経障害などに関係があるとされており、特定の状況下で樹脂から溶け出ることから問題視されています。このことから、BPAを使用しない製品がそのことを「BPAフリー」として商品のアピールに使用されたりも。そして、「BPAフリー」と言われる製品の多くはその代わりに「BPS」こと「ビスフェノールB」を使っています。

これで解決かと思っていたらBPSもまた同じくらい悪影響があるようだとわかったのです。その残念な報告は米国科学アカデミー紀要の論文に掲載されていました。ワシントン・ポストが伝えたところによれば、脊椎動物のモデル生物として研究によく使われるゼブラフィッシュを使用しての実験では、BPSでもBPAと同じ「早熟な視床下部の神経発生」がゼブラフィッシュの胎児に見られたそう。つまり、これはすなわちBPAもBPSも共に人間の幼少期の神経系の発達に影響があるであろう、ということなんです。

論文では「これらの発見は、BPAフリーの製品であっても安全とは言い切れないということを示しており、ビスフェノールに構造的に似た成分や他の内分泌攪乱物質を消費者製品から積極的に排除する社会運動を支持するものである」とされています。

いったい何が安全なのか、わからなくなってきますね。水筒には古き良きひょうたんでも使うべきでしょうかね。


編集部追記(2015年2月3日11:00):ご指摘を頂き画像を変更しました。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。


image by Shutterstock

source: PNAS via WaPo

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • FRED PERRY カノコバックパック
  • FRED PERRY(フレッドペリー)
・関連メディア