キヤノンの新EOS「8000D」と「Kiss X8i」ってどう違うの?

2015.02.06 17:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8000d_kiss8xi.jpg


本日キヤノンが開催した「デジタルカメラ新製品発表会」に行ってきました。キヤノン史上最多となる13もの新製品が新しくラインナップに追加された今回の発表会。世界最高画素数となる約5,060万画素の高画素デジタル一眼レフカメラ「EOS 5DS/5DS R」や、世界最広角レンズ「EF11-24mm F4L USM」が発表されたことでも話題となりそうですが、今回気になったのは新しく発表された「EOS 8000D」。こちら、同じく本日発表された「EOS Kiss X8i」と恐ろしく似ているんです。ぱっと見、見分けがつかないくらい。そこで、どちらを買おうか悩まれている方のために簡単に比較してみましょう。


大きさや重さはほぼ同じ


d8000_kiss8xi_on_hand.jpg


2つとも女性でも持ちやすいコンパクトさで、大きさはほぼ変わりません。重さも8000Dが565gに対してKiss X8iが555gで、8000Dの方が若干重いくらい。


ミドルクラスに近い8000D、使いやすさにこだわったKiss X8i


canon_report3.jpg


外見を比べていて気になったのがここの赤丸で囲っている部分。8000Dの右上面についている表示パネルが、Kiss X8iにはありません。ダイヤルの位置にも違いがあります。これは、Kiss X8iは主に子供の写真を撮りたいファミリー層をターゲットとしているため、ママにも使いやすように設計されているんだとか。一方の8000Dは、趣味で使いたいパパ向けということで、モード切替のダイヤルが左上面に配置されており、背面右下にはサブ電子ダイヤルなど、本格的な一眼レフと同じように操作できるところが魅力です。


結論。ママはKissX8i、パパは8000Dをどうぞ


基本的な性能はどちらも同じで、約2,420万画素と画質も十分ですし、どちらも高速オートフォーカス「オールクロス19点AFセンサー」が搭載されていて、一瞬のシャッターチャンスを逃すことはないでしょう。ただ、一部の機能「サーボAF」や「デジタルズーム」などはKiss X8iにはついていませんので、8000Dの方が趣味向きと言えるかもしれませんね。


source: Canon


(前田真希子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ボディ 2420万画素 EOSKISSX8I
  • キヤノン
  • Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOS8000D-WKIT
  • キヤノン
・関連メディア