グーグルChrome、次世代HTTPで高速化を図る

グーグルChrome、次世代HTTPで高速化を図る 1

スピードアップ!

グーグルChromeが高速化します。鍵となるのはHTTPの新バージョンHTTP/2。Chrome 40によるHTTP/2サポート対応は、近日中に順次開始予定。

グーグルは、Chrome 6より使用していた自社のSPDYプロトコルをやめ、次世代HTTPへと鞍替えします。HTTP/2のパフォーマンスによる目玉機能が鞍替えの大きな理由。これによって、複数ページリクエストが1度に可能になるはずです。

SPDYには悪いけれど、これでサヨナラ。なお、SPDYへのサポートは2016年初頭まで続ける予定。

Image by hasan eroglu/shutterstock

source: Chromiun Blog

(そうこ)