CortanaがOfficeアシスタントに? iOSやAndroidにも登場か

CortanaがOfficeアシスタントに? iOSやAndroidにも登場か 1

あの懐しいイルカがまさか!

マイクロソフトのOfficeアシスタント、Clippyは時代を先取りしすぎてました。日本語版だとイルカのキャラクター、カイルをご記憶の方も多いと思いますが、事あるごとに登場するので、オフにされがちでした。その敬遠されっぷりといったら、マイクロソフト自身もときどきネタにしているくらいです。

音声アシスタントのCortanaは今、Windows 10や新ブラウザSpartanにもがっちりと組み込まれつつあります。さらにはOfficeの中でも活躍しそうであることがわかってきました。

The Vergeのマイクロソフト番記者Tom Warren記者によれば、マイクロソフトはCortanaを使ってコンテンツを開き、編集・共有ができる「ワーク・アシスタント」アプリを開発中なんだそうです。

Warren氏はそのアプリの計画を知る人物の言葉として、マイクロソフトがCortanaをパソコンとモバイル両方でOfficeと統合する計画だと伝えています。

さらに興味深いのは、そのアシスタントアプリによってCortanaがiOSやAndroidなど、マイクロソフト以外のソフトウェアプラットフォームでも使用が可能になるかもしれないそうです

Warren氏はこう書いてます。

最近のiOS用・Android用Officeのローンチ、そしてサービスやアプリを全プラットフォームに提供しようとしている努力を考慮すると、最終的にCortanaがそこに飛び込むとしても驚きではない。

Business Insiderは11月、マイクロソフトのジュリー・ラーソン・グリーン氏がCortanaは他のOSにも登場すると明言したことを伝えている。Officeへの統合は、Cortanaの全体計画の一部でしかない。

なのでCortanaが単にOfficeアシスタント 2.0になると考えるのは、正確ではありません。あのイルカは呼んでもないのに出てきたり、宙返りしたりしてイライラの元でしたが、Cortanaはもっとさりげなく活躍してくれるオプションになりそうです。

とはいえ、基本的にOfficeの自動ヘルプという意味では同じことなので、今回は本当にかゆいところに手の届くアシスタントになってくれることを期待しましょう。

source: The Verge

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(miho)