セキュリティ強化! FaceTimeとiMessageが二段階認証に

セキュリティ強化! FaceTimeとiMessageが二段階認証に 1

鍵をつけるならば1つよりも2つ。

アップルが、ついにiMessageとFaceTimeでの二段階認証に乗り出したと、ネタ元のThe Guardianが報じました。ハッカー対策、セキュリティ強化の一環です。今までの通常アカウントパスワードに加えて、ユーザーはサービスログインのため、第2のパスワード=ユニークコードを入力する必要があります。

アップル端末にて、すでにサービス(FaceTime、iMessage)ログイン状態にある場合は、このユニークコード入力はすぐから求められません。が、1度ログアウト後、再びログインしようとすると(又は、他のアップル端末からログインしようとすると)それが二段階認証スタートの合図となり、ユニークコードの入力が必要となります。

アップルは、すでにiCloudにて二段階認証を実施していましたが、今回はその認証をより多くの自社サービスに拡大したもの。第2のパスワードの存在で、例えハッカーがユーザー名とパスワードを手に入れても、容易にアカウントをハッキングされることはありません。

安全対策に、しすぎなんてことはないです。1つよりも2つ。

source: The Guardian via The Verge

(そうこ)