「未来のGIF」がGIFをつぶす?

2015.02.08 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


GIFフォーエバー。

GIFって昔からありますが、ここ数年またWebで見かけることが一気に増えました。見るのも貼るのも手軽で楽しいGIFですが、古いフォーマットであるだけにいろいろ課題もあり、改良しようという動きがあちこちで起きているようです。

が、米GizmodoのMichael Hession記者は、今あるGIFへの代案ではGIFの代わりにならない! と言ってます。何が問題なのか、以下Hession記者が語ります。


***


みんな大好きなミニループ動画GIF。それはデジタルフォーマットが風とともに生まれては消える時代を奇跡的に生き抜いてきました。もう数十歳になるGIFの魅力は多くのひとにとってその欠点を帳消しにしてしまいますが、それを今どきに合わせて変えたい人たちもいます。が、そのせいでGIFの魂が消えてしまうかもしれません。

たしかに、GIFが今どきのインターネット事情に合っていないのかもしれません。だってこのフォーマットができたのは1987年、インターネットのスケールでいえばほとんど聖書の時代です。GIFの圧縮手法は、ごく少ない色でできたごく小さな画像を想定して開発されました。

でも最近のGIFファイルの多くは、数百万とは言わないにしろ数千色から成る、高解像度の動画クリップを元に作られてます。それをGIFに変換すると、ファイルサイズが巨大になって帯域を圧迫し、Webページの読み込みが遅くなります。それは、インターネットの接続が遅かったりパソコンが古かったりするユーザーにとってイライラの原因になるだけじゃなく、そんなファイルを何千個も置いて帯域を十分確保しなきゃいけないWebサイトの運営側にとっても負担になっています。

なので、今こうして記事を書いている間にも、オンライン画像周りの数多のプレイヤーたちがGIFを現代に合わせるタスクに取り組んでいます。一番新しいのは「Imgur」で、彼らは去年新たに「GIFV」というフォーマットを発表。

最近では動画をGIFに変換するツールをリリースしました。GIFVはより小さなファイルサイズでより高画質を実現するとうたっています。Imgurのプロダクトディレクター、Sam Gerstenzang氏はこう言います。

GIFVはふたつの動画フォーマットとオリジナルのGIFをシームレスに包括しています。ユーザーはその中のフォーマットが何かを気にする必要はなく、ただGIFとは短くてループして音なしであるという感覚だけでいいはずです。実際の中身はWebMファイルとMP4、そしてGIFです。我々は「GIFライク」な体験を最良のものとすべく、ユーザーのブラウザとGIFのファイルサイズに合わせてそれらをダイナミックに入れ替えるんです。

素晴らしいけど、まず名前に問題があります。GIFVは、全然GIFではありません。というか、ファイルですらありません。それは、動画クリップを高度に圧縮されたMP4またはWebMファイルに変換し、自動再生して無限ループさせるだけのHTML5の命令なんです。その結果、より良い画質と高速な読み込みを実現してはいます。

他にもImgurの動画GIF変換に似たサービスはあり、たとえばgfycat.comというサイトでもHTML5を使って動画のGIF風表示をさせています。Twitterも独自のやり方でGIFをサポートしていますが、それは単にGIFファイルをループする動画ファイルに変換するというものでした。

本物のGIFと違って、GIFVその他のHTML5を使った派生型は、ブラウザによっては見られないことがあります。それらはいろいろなサービスやサイトの中に埋め込んで共有はできますが、自分のコンピューターにダウンロードはできません。動画ファイルにしない限り、メールしたり、ローカルにアーカイブしたりもできません。ImgurではGIFファイルをダウンロードするオプションもつねにあると言ってますが、その場合は結局GIFVのメリットを全部あきらめる必要があります。



こちらが、Imgurの動画→GIF変換ツールで作った、ページに埋め込めるGIFVです。このやり方では、このページ上にImgurからコードをコピペして表示させることしかできません。見る分にはきれいだし良いんですが、ファイルをダウンロードしようとすると、ループしない動画ファイルが手に入り、メールに添付しても友だちを困惑させるだけです。

僕が古いのかもしれませんが、自己完結性とポータブル性こそ、GIFを偉大にしている全てではないにしろ大事な面のひとつだと思っています。送ったり、見たり、どこにでもポストしたりができて、相手側でもほぼ確実に表示できるということが重要です。

我々はページ埋め込みの時代、すべてが大企業独占の時代にいます。ネット上の画像や動画はそれに紐付いたサービスのルールに従って消費され、自社サービスを世間に浸透させる体力を持った一握りのエリート企業だけがそれらの表示のされ方をコントロールできます。端的に言えば、我々は動画ファイルそのものを共有するのではなく、VineとかYouTubeという形で共有しているということです。

でも、どんなコンピューターでもブラウザでも、バージョンとかスペックに関係なく表示できて、コードを埋め込む必要もない超ユニバーサルな動画フォーマットを想像してみましょう。それがGIFなんです! GIFVのように利用環境に依存するフォーマットは、GIFの民主的なあり方からの後退になってしまいます。

Imgurとしても、彼らの新フォーマットによるトレードオフを認めていますし、改良しようともしています。GIFの大改良はまだ初期段階にあり、最終的にどうなるかはわかりません。GIFVなり他の解決策の派生型なり、とにかくひとつのフォーマットまたは手法がすごく広まって、それを使えばOKになるかもしれません。



そうなるといいんですが、競争は激しく、GIFほどのユニバーサル度を新たに実現するのは簡単ではありません。その日が来るまでは、僕は今自分が使いたい使い方のできるフォーマットにこだわりたいです。そしてそれができるのは、やっぱり、GIFなんです。


Michael Hession - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第五の権力---Googleには見えている未来
  • エリック・シュミット,ジャレッド・コーエン|ダイヤモンド社
  • GIF BOOK -コンテンツ制作者のためのGIFガイド
  • ビー・エヌ・エヌ新社
・関連メディア