ネット動画からアニメGIFを速攻で作れるWebアプリ「Imgur」

ネット動画からアニメGIFを速攻で作れるWebアプリ「Imgur」 1

初心者さんもスピード命の職人さんも、これは重宝しますね!

GIF画像を作るツールやアプリは色々あれど、Imgurが今月リリースした「Video to GIF」ほど直感的かつ簡単なツールはないんじゃないでしょうか。より使いやすく、より高品質に、Imgurの精力的な開発によって生み出された軽量フォーマットです。YouTubeやVimeoなどのビデオクリップからほんの数秒でカスタマイズGIF画像が作れますよ。

では、さっそく使い方を見ていきましょう。

まずはImgurが用意した「Video to GIF」のサイトにアクセスし、入力フォームに任意の動画URLを貼り付けてEnterキーを押します。Imgurの発表によればこのアニメGIF作成ツールは、「数百」もの動画サイトに対応しているそうで、ひとまずこちらではYouTubeやVimeo、Vineで動作確認ができました。入力したURLが認識されて処理が行われると、冒頭画像のようなウィンドウ画面でプレビュー動画が再生されます。音声はデフォルトではミュート(消音)になっています。

動画が再生されたら、プレビューウィンドウの下に表示されている白いバーをドラッグしてGIFアニメの再生スタート地点を指定しましょう。すると白いバーがもうひとつ表示されるので、GIFアニメの再生終了地点を同じように指定します(アニメーションの長さは0.5〜15秒)。もちろん、再生中のGIF画像にオーバーレイでテキストを追加することもできます。

アニメGIFの開始・終了地点が指定できたら「Create GIF」ボタンをクリックすれば、ほどなくしてGIFアニメの完成!そのまま共有することもできますし、必要に応じて保存することもできます。

ちなみにファイル容量が10MBを超えるときは、GIFV形式に自動変換されます。GIFV形式はImgurが独自開発したMP4ムービーのフォーマットで、GIFに比べるとかなりの効率的に軽量化することができます。ただ、汎用性という意味ではやはりGIFのほうが上でしょうか。

豊富なカスタマイズオプションはありませんが、Imgurは「YouTubeなどの動画サイトからてっとり早くGIF画像を切り出したい」というニーズにはシンプルかつ簡単なインターフェースで応えてくれています。もし、探しているツールと少しイメージが違うようなら、Giffing ToolImgFlipMakeAGifあたりもおすすめですよ。また、デスクトップ用のアプリケーションならGIMPやPhotoshopも良いですよね。

Source: Imgur

David Nield - Gizmodo FIELD GUIDE[原文

(Rumi)