グーグルが買収した人型ロボットがさらにパワーアップ

75%リニューアル。

ついに今年6月、決勝戦が行われる「DARPAロボティクス・チャレンジ」。日本で言うロボコンのようなものなのですが、優勝賞金がなんと200万ドル(約2億4,000万円)ということで参加者はみなさん本気の度合いが違います。この大会を主催する米国防高等研究計画局(DARPA)は、大会用の共通プラットフォームとしてATLASというロボットを提供しています。

このATLASはBoston Dynamics社が以前より開発しているロボットです。しかし今回の決勝向けに用意された新しいATLASは、なんと全体の約75%が再設計されています。今まで活躍していたオリジナル版に満足せず、より強く、早く、そして静かに進化しました。またケーブルが邪魔にならないよう、バックパックには決勝戦に耐えられるだけのバッテリーが収められています。

新しくそして進化したATLASは、初代と比べ見た目もかなり洗練されました。これは全体のコンポーネントをアップグレードしたことによります。たとえば、効率化・小型化が進んだ内蔵の油圧ポンプ。これにより、ロボットの動きの高速化にもつながっています。さらに体格もスマートになったことで、人が入るには難しい場所に入り込むといった困難なタスクを遂行するのに役立つでしょう。これはロボットにとっては重要なことで、実際にこれらのロボットは、人が入るには危険を伴う場所での作業のために設計されているからです。

ちなみに今回のATLASの大掛かりな再設計で、初代から流用されたものは、膝下と足ぐらいのようです。この新しいATLAS、おそらく前の大会の際に秘密裏にテストされていたのでしょう。この短期間でここまでの躍進を遂げるとはすごいですね。

Boston Dynamics社がグーグルに買収されたことで資金面でも後押しを受け、さらに驚くべき進化を遂げることが予測されるATLAS。今後が楽しみで仕方ありません。

source: DARPA Robotics Challenge

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(小山和之)