同じ写真をInstagramに90回ポストするとどうなるか(ちょいホラー)

ポストして、ポストして、ポストして…。

Instagramを眺めていると、ふと気に入った写真が目にとまり、スクリーンショットを撮ってリポストすることがあります。インスタあるある。が、この流れを同じ写真で繰り返すとどうなるのか、そんなテストをした人がいました。

アーティストPete Ashtonさんは、プロジェクトとして「I Am Sitting In Stagram」と題して、同じ写真を90回ひたすらリポスト。さて、写真はどうなっていったのか…?

「I Am Sitting In Stagram」は、作曲家Alvin Lucier氏へのオマージュ。氏の作品で「I'm Sitting In a Room」というものがあり、これは彼の話し声を何度も何度も、最終的にはノイズになるまで録音重ねし続けるというもの。

コピーしてコピーしてコピーされていく写真は、しだいにデータを失っていき最終的にはホラーに…。少しずつ壊れていく様子には、狂気じみたものを感じます。どのようなアカウントで90回リポストしたのかわかりませんが、フォローして見ている人がいたならば、かなり怖かったと思います。何があったのか…と。

source: Pete Ashton via PetaPixel

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(そうこ)