「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 1

2019年の地球を描いた「ブレードランナー」の陰鬱な暗黒卿。あの近未来の景色が既に存在していること、みなさんは気づいていましたか?

Instagramのアカウント「bladerunnerreality」をフォローすると、映画と酷似した景色に出会うことができます。少なくとも造形美としては。

映画と一致しない部分もあるって? たしかに、空飛ぶ車がないのは別として(まだあと4年ありますが)、ブレードランナーはロサンゼルスが舞台となっている一方、bladerunnerrealityに投稿されている写真の大部分はニューヨークで撮影されています。

下は同アカウントの写真と映画のスクリーンショットとの比較になります。

劇中では似たような場所があります。

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 2


ビルに広がる広告たち。

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 3


建造物もどことなく似ています。

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 4


駅の雰囲気も。

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 5


もちろんそこら中がネオンで満ちています。

「僕らはブレードランナーの世界に生きている」Instagramのアカウントが証明 6

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(Rumi)