試してみたい? 新しいiOSのベータ版が誰でも入手可能に!

試してみたい? 新しいiOSのベータ版が誰でも入手可能に! 1

いいですとも!

iOSのベータ版はこれまで参加費を支払った開発者にだけ配布されてきました。でも今年は一般人でも参加できるiOSのパブリックベータ版が配布されるかもしれないんです。

パブリックベータとは少し耳慣れない言葉かもしれませんが、たとえばMac用最新OSの「OS X Yosemite」はパブリックベータ版が正式リリース前から公開されました。パブリックベータには「より多くの人からバグのレポートが集められる」「最新のOSをいち早く体験できる」なんてメリットがあります。もちろん、パブリックベータの利用は一般的に自己責任なことはお忘れなく。万が一に備え、バックアップはきちんと取っておく必要があります。

ネタ元の9to5Macによると、3月中旬にはiOS 8.3のパブリックベータの配布が開始され、さらに夏にはiOS 9のパブリックベータが配信されるとのこと。iOS 9で安定性とパフォーマンスの改善も気になりますが、その前のiOS 8.4でのBeatによる音楽配信サービスの統合もすっごい気になります。iOS 8.4はパブリックベータで配信されるのかなぁ?

source: 9to5Mac

(塚本直樹)