任天堂、初のiPhoneアプリ…でも期待外れとの前評判

任天堂、初のiPhoneアプリ…でも期待外れとの前評判 1

ユーザーの目は厳しい?

スマホゲームが人気のようですけど、ファミコン世代の最大の願いは、あの昔懐かしいスーパーマリオやポケモンゲームをiPhoneなどでプレイできるようになったら……といったとこですが、現時点では任天堂が断固として反対姿勢を貫くエミュレーターくらいでしかかなわぬ夢でしょう。

でも、そんな任天堂から初のスマートフォンアプリがリリースされると聞いたら、もう海外のファンも待ちに待ったぜと大歓迎ムードかと思いきや、一部では公開前からガッカリとの声があがっているんだとか。というのも、任天堂の岩田聡社長は、ハードウェア事業に影響が及ぶため、過去のゲームタイトルも含め、スマートフォンやタブレット向けに同社ゲームソフトを移植することは絶対にないとの姿勢を明示しているためなんです。

さらに、まもなく任天堂がリリースしてくるスマホアプリは、当然ゲームではなく、あの顔の各種パーツを自由に組み合わせてオリジナルキャラクターを作成できる「Mii」関連のアバターソフトでしかないことが判明し、その事実を知ったゲームファンが失望してしまったようです。

最新のWiiソフトとまではいかなくとも、すでに製造を終えている初代ファミコンやゲームボーイ向けの人気ゲームタイトルの復刻版くらい、ファンサービスで出してくれたら、たとえ有料アプリでも続々とダウンロードされると思うのですが、海外の熱い欲望が、いつか実現する日はやってくるかな?

source: Cult of Mac

(湯木進悟)