iPhoneをイン! するVRゴーグルがアップルから出るかも?

150218napplegogle.jpg

手軽さがイイね!

ウェアラブルといえば今はスマートウォッチが注目されがちですが、もう一つ盛り上がっているのがメガネ型コンピューター。グーグルグラスは残念ながら計画が見直されることになりましたが、フェイスブックに買収されたOculus VRやマイクロソフトのHololensなど、注目のデバイスがこれからたくさん登場します。

一方、テクノロジー業界の巨人ことアップルはどうなのか…と思っていたところ、やはりVRゴーグルには興味があった様子。同社はiPhoneを差し込んで利用するVRゴーグルの特許を取得していたんです。

150218napplegogle2.jpg

特許名「Head-Mounted Display Apparatus for Retaining a Portable Electronic Device with Display」として取得されたこのアイディア。すでに市場に登場したサムスンの「Gear VR」やグーグルのダンボール製VRゴーグル「Cardboard」と同じく、スマホを利用することでお手軽にド迫力なVR体験を実現するデバイスについて説明がされています。

まず特許では、有線式のVRゴーグルは使いづらいことが指摘されています。確かに、VRゴーグルから太いゲーブルがぶら下がっていたらなんか気になるし、ケーブルを踏んだりしてゴーグルがずれてしまうかもしれませんよね。有線か無線か…と聞かれたら、もちろん無線式がいいに決まっています。

また特許ではリモコンの利用も考えられています。なるほど、iPhoneをゴーグルに差し込んでいたらタッチパネルを操作する方法がありませんもんね。VRゴーグルにリモコンは必須アイテムといえそうです。

VRゴーグルはまだまだ一般的でない、あるいは敷居が高いイメージがあります。でも、スマホ使って安価にVRが体験できるこの方式なら、意外と成功をおさめるかもしれませんよ。

source: USPTO via Apple Insider

(塚本直樹)