ダンチに速いドコモの「PREMIUM 4G」始まります

ダンチに速いドコモの「PREMIUM 4G」始まります 1

これが4Gの真の力ッ…!

通信速度は速ければ速いほどいいんです。NTTドコモは国内最速となる225Mbpsの次世代LTE「PREMIUM 4G」を3月27日より開始すると発表しました。

しかも225Mbpsというのはまだ序の口、2015年度内には300Mbpsにまで高速化される予定です。しばらく横並びだった携帯キャリアの通信速度競争にまた火がつきそうですよ!

PREMIUM 4Gの高速通信には、次世代通信規格となる「LTE-Advanced」が利用されています。このLTE-Advancedの中には複数の帯域を合わせて利用する「キャリアアグリゲーション」という技術があり、これによって高速通信が実現されているんです。これはいってみれば、高速道路で2車線や3車線を同時に利用することでたくさん荷物(データ)が運べる、みたいなイメージになります。

また、繁華街などの人が多く集まる場所では、これまでよりもさらに狭いエリアむけのネットワークアーキテクチャ高度化C-RAN」もあわせて利用されるそうです。今でもターミナル駅の前や満員の地下鉄だと「どうもうまく通信できない…」ってこと、ありましたもんね。この高度化C-RANはそういった超過密状態のエリアでも威力を発揮してくれるはずです。

PREMIUM 4Gの対応機種はまずモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION HW-02G」「Wi-Fi STATION L-01G」の2機種が登場し、2015年早期には対応スマートフォンが登場する予定です。ってことは、ドコモの春夏モデルには対応機種が含まれているのかな? そろそろ発表されそうな新Galaxyシリーズももしかすると…? 期待しておきましょう。

source: NTTドコモ

(塚本直樹)