スピーカーを吊り下げるのがこれからの音楽の聞き方

スピーカーを吊り下げるのがこれからの音楽の聞き方 1

吊り下げて聞く。

日立マクセルから発売された「ハイレゾリューション・オーディオ対応フローティングスピーカーシステム」。見てください。このスピーカーとは思えないフォルム。

スピーカーを吊り下げることで、本体曲面に沿ってよりスムーズに音を空間に放射でき、広範囲への指向特性を実現。また、台の上などに設置した場合に受ける不要な振動などを低減することができ、より原音に近い再生が望めます。

つまり、吊り下げたら音がよくなるよってことなんですよ!

採用されていれるたまご型のフルレンジスピーカーは、NHLab.代表の中島平太郎氏ビフレステック株式会社の共同開発によるもの。たまご型にすることで、不要な輻射音を抑えて、音の歪みを防止する効果が生まれます。特に、楽器やボーカルの基音域の再現がより自然だということ。女性ボーカルの曲などに合いそうですね。

見た目がなんとなくかわいらしいですが、ハイレゾ対応の本格派スピーカー。インテリアとしてもインパクトがあって、オーディオルームやリビングのアクセントになりますよ。

source: 日立マクセル

(三浦一紀)