掃除機をインテリアとして部屋に溶け込ませたい、三菱電機の意外なアプローチ

150212instick1.jpg

もう置き場所にも困りませんね~。

掃除機って、実際にクリーニングのために使われる時間なんて1日のうちでもわずかなのに、あの置いてあるだけで存在感ある幅取ってるイメージはハンパじゃないですよね。収納場所をどこにするのかは狭い家だと頭を悩ませます。かといって、ハンドクリーナーだけで済ませるわけにもいきませんし、やっぱり掃除するときは、気持ちよくパワフルなサイクロン方式のほうがいいですし……。

150212instick2.jpg

そんな掃除機にまつわるリクエストを、意外なるアプローチでかなえてくれる新モデルのiNSTICK(インスティック)が、三菱電機から来月発売されますよ。クリーナーと充電台が一体化した円柱状のフォルムは、使わないときも「お部屋に出しておく、新しい掃除スタイル」のキャッチフレーズのとおり、そのままインテリアとして室内の風景に溶け込んでくれちゃいます。

さらに、なななんと実はHEPAフィルターを装備した高性能空気清浄機としても活躍するんです! iNSTICKはクリーナー部の掃除機と、充電台の空気清浄器が独立構造となっているため、掃除中に埃が舞い上がるときはパワフル運転で強力吸引の空気清浄器と同時運転させ、掃除が終わったらクリーナーを格納しながら弱運転で空気清浄を続けるなんてスマートな使い分けも可能とのことですね。この組み合わせのアイデアは、なかなか秀逸なのではないでしょうか?

source: 三菱電機

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)