スマートウォッチにスマホ型ディスプレイが付いてくる逆転の発想の「Neptune Duo」

2015.02.26 13:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


もうスマホはいりません。

今流行のスマートウォッチといえば、スマートフォンと連携して情報を表示するものがほとんど。でもそれって裏を返せば、スマートウォッチ単体だとたいしたことはできないってことになってしまうんです。

ところがどっこい、このスマートウォッチ&スマホ型ディスプレイのセット「Neptune Duo」はスマートウォッチですべての処理をこなし、そのコンパニオンとしてスマホ型端末を使うという、まさに逆転の発想。いわゆる主従逆転なんです。


150225nband2.jpg


まずこちらがスマートウォッチ部分の「Hub」。内部ではOSとしてAndroid Lollipopが動作し、Wi-Fi・GPS・Bluetooth・NFC、それに3G/4Gのモバイルネットワークが利用可能。つまりスマートウォッチ単体でインターネットに繋がり、電話をしてメッセージを受け取り、ストアのさまざまなアプリが利用できるんです。もちろんフィットネストラッカー機能も搭載。これ以上、上等なスマートウォッチはないんじゃないでしょうか?


150225nband3.jpg


そしてこのスマホ型端末「Pocket screen」はスマートウォッチ部分と連携し、遠隔操作でアプリを利用することができます。ディスプレイサイズは5インチで解像度は720p(1280×720ドット)、800万画素の背面カメラと200万画素のフロントカメラを搭載。スマートウォッチのサブディスプレイとして使うには十分なスペックです。


150225nband4.jpg


さらに興味深いことに、スマホ型端末のバッテリーでスマートウォッチを充電することもできるんです。スマートウォッチはいつもバッテリー駆動時間の短さが問題になりますが、こんな大容量バッテリーがお供に備わっているならもう心配はいらないでしょう。また、自分のスマートウォッチ部分と友達のスマホ型端末を連携させることもできるそうです。

Neptune Duoは今年遅くに出荷予定で、現在予約を受け付けています。価格は予約方法によって支払総額が異なるのですが、最安だと498ドル(約5万9000円)。けっして安価ではないので製品を見てから予約した方がいいかもしれませんが、スマートウォッチがメインでスマホ型端末がサブという逆転の発想は実に興味深い。もしかすると、5年後10年後はこの方式がスタンダードになっているかもしれませんよ!?


source: Neptune

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pebble E-Paper Watch for iPhone and Android スマートウォッチ グレー 並行輸入品
  • pebble
  • SONY Smart Watch 2 SW2 ブラック シリコン 【並行輸入品】
  • Sony
・関連メディア