ついに駐車違反の支払いまでBitcoinで可能になるの?

ついに駐車違反の支払いまでBitcoinで可能になるの? 1

お金の為なら、実にフットワークが軽いですね

駐車スペースに困るニューヨーク市は、駐車違反の罰金がかなりの収入源となっています。払ってもらえるなら、濡れた1ドル札だろうがアメックスだろうが構わないというのが市のスタンスですが、もっと手軽に払ってもらうため更に支払いの方法を増やそうとしているようで、Apple Payの次に目をつけたのがBitcoinです。ニューヨーク市議会員のMark Levine氏はBitcoinを罰金の支払いに使えるようにする議案を提出しました。

使い道の無いデジタル通貨が貯まっている方の為に、平凡極まりない使い道ができそうですね。暗号通貨の未来に幻滅した支持者の中で、頻繁に駐車違反の切符をもらう方には天の恵みではないでしょうか。

Bitcoinはその価格変動の激しさで悪名高く、Bitcoinでの$100の価値は日によって大きく変わります。未だに熱心な支持者は多いのですが、使い道に困る事は少なくありません。

議案が通ったとしても市が直接Bitcoinを受け取るわけでありません。実はこの議案はBitcoinをやりとりしている金融機関と市の間の取り決めの提案で、金融機関が実際の支払いを受け取り、同額の米ドルを市に送金するという形を取ります。これなら、例え送金中にBitcoinの価値が急落しても市は損害を受けません。

損失のリスクを回避しつつ、より手軽に支払う方法を市民に提供する…この方法は市にとってかなり有益であると言えます。しかし、議案は金融機関に手数料を取る事を許可しているので、どれだけ熱心なBitcoinユーザーでも使用を躊躇するかも知れません。

以下が議案の全てです。

いずれ他の州や国もこれに続くのでしょうか?

source: Coindesk via New York Post

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(scheme_a)