地球上で最強の自然物質は「カサガイ」の歯

地球上で最強の自然物質は「カサガイ」の歯 1

サメの歯のほうが強そうなのに…!

水辺の岩に吸い付いて藻を食べている、巻き貝の一種「カサガイ」。普通の人は多分聞いたこともないし、岩に張り付いているのを見ても何とも思わないですよね。2月18日(月)に英国王立協会の学術誌「Journal of Royal Society Interface」で発表された、イギリスのポーツマス大学・研究チームの論文によると、このカサガイの歯は最も強度の高い天然物質であることが分かったそうです。

カサガイの歯は長さが1ミリもない「歯舌」と呼ばれる、舌に似た器官の上に並んで生えています。これで岩から藻類を削りとって食べているそうなのですが、その歯には「針鉄鉱」と呼ばれる高い硬度を持つ鉱物でできた繊維が含まれているのを発見。「原子間力顕微鏡」を用いることによって、明らかになったようです。

この研究を率いた工学研究科のAsa Barber教授によると、今まで一番強度が高かったのが蜘蛛の糸だったそうなんです。でも、新たに発見されたカサガイの歯の繊維構造を真似することで、防弾チョッキやF1、飛行機などに使う部品を従来より低コストで軽くて強くできるそうです。教授は「自然は、素晴らしい機械的特性を持った構造を見つける、インスピレーションの源です」と嬉しそうです。

普段は気にしない場所にこそ、発見はあるものですね。

source: University of Portsmouth

(徳永智大)