アナログ? ハイテク? 男子がハマリそうなサーキット玩具

勝負はウェービングの速さ次第

少年たちがプラスチック製のミニカーの上で手をフリフリ、なんか不思議な光景ですけど「Wave Racers」は、この手を早くフリフリすればするほどミニカーが早く走ってくれるという新しい玩具。

長距離を走らせたい時はフリフリを遅くすればOK。でもレースに勝ちたければ人生でこんなに早く振ったことない!ってぐらい早く振らなくちゃいけません。もしWave Racersが流行ったら、電車待ちしながら、歩きながら高速エアーフリフリしてる子供を沢山見かけるようになるかも!?

アナログ? ハイテク? 男子がハマリそうなサーキット玩具 1

ちなみに今年のに発売予定のWave Racersは、この8デザイン。各10ドル(約1200円)で充電用のコンデンサもついてきます。

アナログ? ハイテク? 男子がハマリそうなサーキット玩具 2

コースは20ドル~40ドル(約2400~4700円)のセットもありますが、好みのパーツや障害物でコースをカスタマイズすることも可能です。こんなループもあるんですよ。

手をフリフリするだけで走るとなると、なんとなく頼りない印象を受けるけど、120のループを一気に走りきるパワーがあるそうなので、結構楽しめそうですよね。

それに、手を前後にフリフリする作業は外で遊ぶよりは消費カロリー少な目だけど、コントローラーで車を操作するよりは運動不足解消になるかも!?

Andrew Liszewski -Gizmodo US [原文

(junjun)