開拓精神溢れるアメリカ人もやっぱり宇宙旅行は怖い?

開拓精神溢れるアメリカ人もやっぱり宇宙旅行は怖い? 1

飛行機すら怖い私にロケットはハードルが高すぎる。

民間宇宙旅行が少しずつだけど実現へと着々と進み、ふと気がつけば人類火星移住計画まである今日この頃。宇宙への夢は人類の夢です。しかし、多くの普通の人にとって、まだ夢は夢のままで良いみたい。

民間宇宙旅行には、莫大な料金がかかります。このコストが、普通の人にとって宇宙旅行最大のハードルでしょう。とはいえ、じゃあ無料なら行く? と聞かれても、そうでもないみたい。

ニュージャージー州のモンマス大学が行なったアンケートでは、69%のアメリカ人が、たとえ無料でも民間宇宙旅行には行きたくないと回答しました。ハッキリ行きたいと答えたのはたったの28%。モンマス大学のメモでは、1966年に行なわれた、月へのファーストフライトに搭乗したいかを尋ねるアンケートでも、YESと答えたのはたったの17%だったというので、今回の28%は妥当な伸びなのではないでしょうか。

開拓精神溢れるアメリカ人もやっぱり宇宙旅行は怖い? 2

ちなみにアンケートでは、宇宙事業への投資に51%が賛成しており、こちらも1960年代のアンケート結果35%~45%よりもアップ。緩やかなスピードではありますが、宇宙は身近な存在になってきているのがわかります。

image by iurii/Shutterstock

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(そうこ)