NTTが開発した新技術で、写真や絵の存在価値が大きくかわる可能性が

2次元が3次元へ昇華。

NTTは、「変幻灯」という投映技術を開発し、その光を写真や絵に照射することで、まるで動いているように見せられるようになったのです。

これは、最近話題になっている3次元の物体に投映し、その物体があたかも動いているように見せるプロジェクションマッピングとは異なり、光のパターンを2次元の物に投映し、動いてるように錯覚させる技術になっております。仕組みは簡単で、元の画像をモノクロに変換し、そのモノクロに動きを持たせ、照射するだけとなっております。

NTTが開発した新技術で、写真や絵の存在価値が大きくかわる可能性が 1

つまり、その静止画の持つ陰影を操り脳内における処理を騙すことで、あたかも動いてるように錯覚させているのです。

NTTが開発した新技術で、写真や絵の存在価値が大きくかわる可能性が 2

この技術はプロジェクションマッピングのようにシステムや機材が大げさすぎないため、広告やインテリアに展開が可能とされております。また、現在ある芸術作品に対しても動きを加えることで、更なる面白みが期待できます。

そのうち、スマートデバイスにもプロジェクター搭載が当たり前になったとき、どんな投映ができるようになるのか、とても期待しております。

source: NTT ニュースリリース

(okeyuhi)