東芝の新SDカード、スマホをかざして中身が見られる

2015.02.02 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150101toshibacard.jpg


この発想がスマートです。

東芝が面白いSDカードを開発しました。それがこちら、世界初となるNFC搭載SDHCカードで、ラスベガスで行われていた「2015 International CES (コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」にも出展されていました。

本カードではNFC搭載により、非接触でのデータ転送が可能となっています。これを活かして、確認用アプリをインストールしたNFC搭載のAndroidスマホをかざすことで、カードの中身が見える「プレビュー機能」を実現。SDメモリカードの空き容量や、最大16枚までのサムネイルでどのような写真が保存されているか?を確認できるとのこと。


150109to01.jpg


容量は8GB、16GB、32GBの3ラインナップで、出荷は2015年2月から。確認用アプリ「Memory Card Preview」も商品出荷と同時にPlayストアにて無料提供されるようです。

たくさんSDカードがあって、どこに何保存したかわからない…。という場合にPCやデジカメを使わずとも確認できるのが便利ですね。


source:東芝(プレスリリース)

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア