アートの世界にセルフィー不要、NY市の美術館でセルカ棒を禁止

アートの世界にセルフィー不要、NY市の美術館でセルカ棒を禁止 1

自分じゃなくて、作品を見ようと。

セルフィームーブメントから、瞬く間に世界中でブームとなったSelfie Stick、セルカ棒。一方で、これまた瞬く間に、サッカー場など、その使用を禁止する動きもでてきました。

美術館や博物館内では、そもそも撮影禁止なところも多いですが、NY市のいくつかの美術館で、はっきりとセルカ棒を禁止するところがでてきました。Skift.comによると、現在セルカ棒を禁止しているのは、ニューヨーク近代美術館、グッゲンハイム美術館、クーパーヒューイット・スミソニアンデザイン博物館。禁止理由は、来場者はもちろんのこと、作品にも危害を加える可能性があるから。このまま使用が続けば、思いも寄らない最悪の事態が起きそうで怖いというのです。言わんとすることはわかる。

アート観賞時は、どうかアートに集中してください。

source: CBS via Consumerist

(そうこ)