だから、昔ながらのプロポーズの方がいいんですってば

だから、昔ながらのプロポーズの方がいいんですってば 1

なにしろ人生の一大イベントですからね。

これはおそらくインターネットにも非があるんでしょうね。最近、昔ながらの伝統的なプロポーズの習慣が崩れつつあります。いや、恋人の前でひざまずいて求婚せよというわけではないんですよ。それにしても奇をてらいすぎ。

日本の月9ドラマでも登場するようになったフラッシュ・モブを使ったプロポーズは言うに及ばず、ある人はプロポーズのためにわざわざドローン(無人飛行機)を使ったりとか。

映画「トランスフォーマー」風の巨大ロボを使ってみたりもして。

だから、昔ながらのプロポーズの方がいいんですってば 2

そんなことしても、後でむなしく泣きを見るだけだったりするんですけどね。これなんて特にひどいですよ。いくら「愛の名の下の行為」とは言え、クレーンでアパートをぶっ壊すなんていうのは…。

だから、昔ながらのプロポーズの方がいいんですってば 3

このドラマティックなまでの大失敗は、オランダにある閑静な住宅街で起こりました。報道によると、この「今の時代」気取りのロミオは、クレーンを動かして彼女の住むアパートの窓の目の前まで持っていき、そこに自分を吊してプロポーズを試みようとしました。

しかし、人生の一大イベントで奇抜なことをすれば、クレーン運転手の手さばきも狂うというものです。クレーンは倒れ、アパートを直撃。住民は突然の事故に驚いて、あわてて避難するハメになりました。

でも、話は悲劇で終わったわけではないようです。このひどいプロポーズに彼女は「yes」と答え、今、2人はパリを旅行中なのだとか。でも、この失敗は神様からの大事なサインですよ。この次はちゃんと結婚指輪だけをあげてくださいね。

source: BBC News EUROPE

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(沢田太陽)