Cherry互換キースイッチ採用左右対象エルゴノミクスキーボード

Cherry互換キースイッチ採用左右対象エルゴノミクスキーボード 1

猛烈に使ってみたい!

ダイヤテックから発売されている「Truly Ergonomic Mechanical Keyboard Soft Tactile」。左右対象のキーレイアウトになっているエルゴノミクスキーボードです。

左右の手を置いたとき、手首を真っ直ぐにしたまま入力ができるため、長時間のタイピングでも疲れがかなり軽減されます。

しかも、テンキーレスのためマウスの位置が通常よりも近くになり、操作性もアップ。机の上のスペースも有効に使えます。ASCII配列なので、英語キーボード派にはうれしいですね。

Cherry互換キースイッチ採用左右対象エルゴノミクスキーボード 2

パームレストは取り外し可能。さらにコンパクトにできます。

Cherry互換キースイッチ採用左右対象エルゴノミクスキーボード 3

キースイッチはKailhメカニカルスイッチを採用。このスイッチはCherry MXの互換スイッチで、茶軸の押下圧は45g、青軸は50gとなっています。

個人的には茶軸が大好物なのですが、強めにタイピングしたい方は青軸がオススメ。Cherry製スイッチはキー入力時の感触が気持ちいいで、仕事が進むと思います!

お値段は2万3,452円(税込)。うーむ、お値段のほうはエルゴノミクスではありませんが、1台持っておきたいキーボードです。欲しい、欲しいよ……。

source: Truly Ergonomic Mechanical Keyboard Soft Tactile - Kailh茶軸Truly Ergonomic Mechanical Keyboard Click Tactile - Kailh青軸

(三浦一紀)