5分でできる妄想旅行、想像だけで世界を巡る旅へ

2015.02.03 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150126airbnb001.jpg.jpg


トランク1つさえもいらない妄想旅行へ。

はぁ、どこか暖かいところへ行きたい…。めっきり寒いこの頃、暖かい部屋でアイスを食べながらそんなことを思うのは贅沢な話です。でもね、思うだけなら自由なわけで、妄想や空想ほど人を成長させると信じて好きなだけ考えてみることにします。じゃあ、いきなり出発します、妄想旅行へ!

ちなみに最初に言っときますと、妄想旅行とは、家に居ながらにしてネットを見ながらあれこれ行きたい場所を妄想することです。妄想旅行には、トランクもパスポートもいりません。必要なのは、妄想のきっかけとなってくれるもの。今回の妄想旅行きっかけには、Airbnb(エアビーアンドビー)を使いましょう。世界190カ国、3万4000都市へとサービスを拡大しているAirbnbは、現地の家を借りられるユニークな仕組みで全世界的に話題を読んでいます(借りるだけでなく、貸す側になることももちろん可能!)。

暮らすように旅をしよう」というコピーが妄想旅行心をくすぐります。しかも今なら1万円クーポンが応募者全員もらえます。どこに泊まるにも1万円も安くなると考えると、ますます妄想が広がっていきます。


まずは国内の部屋で下調べ


さて、どこに行こうかな。妄想心を刺激するために、まずはブラウジング。手始めに現在地東京で検索してみても、ざっと1000件を超えるリスティングがあります。妄想旅行の場合は、ぼーっと眺めているだけで、十分旅の準備をしていることになります。

こういうサービスは海外のみと思ってましたが、国内の部屋も充実しています。例えば地方にお花見に行く場合、現地の宿が混んでる時にAirbnbを使ってみるのも1つの手。しかし、まぁ、せっかくの妄想なので海外に行ってみますか。


妄想旅行が人を成長させる


150116airbnb01.jpg

ロンドン(イギリス):まるまる貸切:2人用:1泊1万9245円


あら、かわいいお部屋。シーツもカバーも白にして、クッションやスローをカラフルにってのもいいわね。旅行じゃなくて、物欲が刺激されてきました。そもそも、ロンドンの部屋だそうで、冬のロンドンなんて寒くて妄想でも却下。


150116airbnb02.jpg

バリ島(インドネシア):まるまる貸切:2人用:1泊2万1213円


そう! こういうの、バリ! ゆっくりできる外スペースが欲しいのです。日差しを浴びてぼーっとするだけでもいいな。

いや、ちょっとまて。せっかく部屋の種類が豊富ってんだから、せっかくだからこういうとこに。


150116airbnb03.jpg

150116airbnb04.jpg

ドレスデン(ドイツ):個室:2人用:1泊5687円


一見、掘建て小屋、ちょっとオシャレな工事現場に見えるけれど、中はこのように。素敵! ここで小説書いてデビューすることにしよう。夜はランプとキャンドルだけにして、静けさの中、聞こえてくるのはペンの音だけ。妄想の中ではパソコンは禁止にしとこう。

ここは…、ドイツか。今ドイツ行ったら寒いよね、しかもテントハウスだとさらに寒そう。まぁいい、妄想の中のドイツは春にすればいい。


150116airbnb05.jpg

イスラ・ムヘーレス(メキシコ):まるまる貸切:4人用:1泊2万7156円


いや、やっぱメキシコにする。今は白と青のコントラストに飢えている。ここで、カラフルな水着で、色とりどりのフルーツカクテルを飲みながら、ドイツで執筆した処女小説のことをふと思い出したベテラン小説家の休暇という設定にしよう。「あの頃は、書けなくなるなんて思ってなかったな…」なんて。Airbnbを使っていると、こんな妄想が次々と膨らみます。


150116airbnb06.jpg

上海(中国):個室:2人用:1泊6965円


そしてアジアの国際都市、上海へ。このオープンキッチンのある広いロフトを2カ月くらい借りよう。宿のホストと共に、現地で出会った友人を10人ほど招待して、先週教えてもらったばかりの上海料理を披露。「知ってる? あの人、もともとは日本でけっこう有名な小説家だったって」。そんなコソコソ話が耳にはいっても動じない。それは過去のこと。私の夢は、上海の家庭料理と日本のトンカツ、そして大好物のゆで玉子をミックスさせた定食屋を開くこと…。


150116airbnb07.jpg

パリ(フランス):まるまる貸切:2人用:1泊2万4457円


舞台はフランス、パリ。上海でオープンした1号店は思った以上の人気店になった。まさか、ゆで玉子をアレすることで、あそこまで人々を熱狂させる料理になるとは…。ラーメンブームが長く続くここパリで、私は、2号店を出したい。とにかく街を歩き回り、ホストのAlexandreにも相談する。まるまる貸切スタイルの物件なので、部屋に戻ればこの広いスペースに1人。どんな店にしようかと物思いにふける。ヒットしたからといって冒険しすぎず、1号店と同じメニューでの勝負は絶対だ。

ーーー

あぁ! たまご、たまご、たまご! あれから数年、パリにオープンした2店目も成功したが、気がつけば卵の波にのまれるかのような生活。トンカツを揚げるために肉を卵に浸す。炒飯にいれる卵を炒める。今日も大量の卵を茹でる。たまご、たまご、たまご…っ! しばらく卵から離れたい。その思いだけで休暇としてやってきたサンフランシスコ。しばらくゆっくりしたい、さぁ、ここが今日の宿…。


150116airbnb08.jpg

サンフランシスコ(アメリカ):個室:2人用:1泊1万5227円


ああっっっ! 卵を思わせる黄色! やめて、もうやめてっ! 卵はもういや! どこか…、どこか頭を冷やせるところに行きたい。真っ白でひんやりした世界へ…。

どこか冬を感じるところにいき、暖かい部屋の中でアイスでも食べながら、どっか旅行いきたいなーなんてぼんやりしたい。私が欲しいのは、のんびりと宿サイトをブラウジングして旅行プランでも妄想する、そんな贅沢な時間…。


気がつけば、妄想旅行どころか、妄想人生になっていました。まさに「暮らすように旅」していたわけです。まずはどんなお部屋があるのか、ブラウジングしてみるだけでも楽しいもんです。もちろん、この妄想ででてきたAirbnbの部屋は、どこも予約して実際に泊まることができます。


行きたい国ではなく、行きたい部屋で旅先を決める


今回、Airbnbで妄想旅行をしていて気づいたことがありました。普段、旅行に行くときはまず行き先を決めて、そこからどこに泊まるかを探すというのが一般的です。でもAirbnbなら、これまでの概念を変える旅行、泊まりたい部屋がまず最初にあってという旅行ができるわけです。


150116airbnb00400.jpg


例えばAirbnbのイチオシとして「絵画の巨匠の家」「おとぎの国のコッテージ」や「英国の羊飼いの小屋」「熱帯のツリーハウス」といった、今までの宿泊検索では出てこないユニークな物件も多数あるんですよ。

絵画の巨匠の家…そうですね、私なら荷物はほとんど持っていかず、真っ赤なベレー帽に大きなキャンバス、そして油絵道具だけ抱えて、ひとっ飛び。そこがオランダだろうが、フランスだろうが関係ない。巨匠のインスピレーションを浴びていたら、自分だって個性的な絵がかけるかもしれない。今の自分とは全く違う、アーティストになりきった気分と格好で巨匠の部屋に缶詰になろう。そんな妄想が湧いてくるわけです。

行きたい国やエリアで選ぶのはなく、まず気に入った部屋を決める。Airbnbなら、CDのジャケ買いのように、まず部屋をジャケ買いして、そこからプランを考えるという新しい旅のカタチが楽しめるんですね。部屋を決めると、どういう旅行にするか妄想が捗ります。もちろんここでも1万円クーポンが使えるので、有効利用したいですね。

私の妄想は突拍子もないストーリーですが、それはさておき、現地には現地にしかない特別な体験が待っています。それはきっと想像以上のエキサイティングなこと。自分の妄想力をもっと鍛えるためにも、旅で刺激を受けてみるの悪くないじゃない。


source: Airbnb
image by shutterstock

(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア