日本で購入意欲急上昇…100万円超でもApple Watchを購入したい人が!

150310-stainless.JPG

みんな本当に買うのかな……?

昨年から発売を前に盛り上がる米国とは異なり、日本ではスマートフォンユーザーでさえ、Apple Watchの認知度は低いと指摘されていました。ところが、いざ発売日まで約1か月に迫ったタイミングで購入意向が日本国内で急上昇していることが判明しましたよ!

今月10日(現地時間)にアップルが開催した発表会の後、MMD研究所は、日本国内に居住する20歳以上の男女2,169人を対象に「Apple Watchに関する認知度および購入意向調査」を実施。その調査結果によれば、すでに22.2%の回答者は、10日の発表会以前よりApple Watchを知っていたそうです。一方、今回の発表会でApple Watchについて知ったとの回答者が43.0%に達しています。これを合わせると、日本の成人男女のApple Watch認知度は、約7割にまで上昇したことになりますね。

なお、同調査では、Apple Watchを知っているかどうかにかかわらず、すべての調査対象者に、Apple Watchの各コレクションの詳細な製品情報を提供。各製品に対する購入意向を尋ねたところ、ステンレススチールケースの「Apple Watchコレクション」を購入してみたいと答えた人が18.1%に上りました。ただし、販売価格については、高いと思う回答者が8割を超えており、欲しいけれど買えるかどうか? そのジレンマで悩む人は少なくなさそうです。

今回の調査は、あくまでも購入の希望を問うもので、購入したいと答えた人が実際に発売後にApple Watchを買うかどうかは定かではありませんが、最上位機種の「Apple Watch EDITIONコレクション」の価格帯が128万円~218万円と示されても、1割ほどの回答者が購入を希望。

もしかしたら、フタを開けてみれば、どのモデルのApple Watchも、日本国内で品切れ続出の人気ぶりという展開だってあるのかもしれませんよ~。

source: MMD研究所

(湯木進悟)