12インチiPadにはIGZOがくるぞー?

150306nipadigzo.jpg

シャープ浮上の鍵となるか。

登場は今年の9月になるなんてされている12インチのiPadこと「iPad Pro」ですが、そのディスプレイにIGZO方式の液晶が採用されるのではないか、という情報が浮上しました。

ネタ元のDigiTimesによると、アップルは12インチiPadに採用するためにIGZOやa-Si、TFT LCDなど複数の方式の液晶を検討。コストとパフォーマンスのバランスを考えて、最終的にIGZOを選んだそうです。

ディスプレイのサプライヤーとしてはシャープがメインとなり、アップルはその他の供給元も模索中とのこと。IGZOはシャープだけのものではありませんが、技術面などでシャープがLGやサムスンよりも進んでいることからシャープが主軸になる見込みなんだそうです。以前にもiPadの一部モデルにIGZOディスプレイが搭載されていたのでは?みたいな噂もありましたし、アップルとシャープの連携はこれからも続きそうな予感です。

なお、ディスプレイ部品の量産は今年の第3四半期(7月~9月)から。おそらく秋にiPad関連のイベントが開催され、販売も開始するってタイムスケジュールになるんじゃないでしょうか。12インチiPadが教育分野やデザイン分野などにどんなイノベーションを起こすのか、見てみたいですね。

source: DigiTimes

(塚本直樹)