2014年映画に最も登場したブランドは、やっぱりアップル

2014年映画に最も登場したブランドは、やっぱりアップル 1

やっぱりね!

家でテレビを観ているとき、あるいは映画館でも、画面にアップルの製品がひょこっと登場すること、よくありますよね。なんかよく見るなあ…と思っていたら、2014年に全米興収1位を獲得した映画の中で、最も多くの作品(※35作品中9作品)に登場したブランドとして、Brandcameo Product Placement Award(ブランドのカメオ出演に対して贈られる賞)を受賞したんです。アップルはこの賞を2010年と2011年にもとっていて、3年ぶり3回目。ちなみに2012年はメルセデス・ベンツ、2013年はバドワイザーが受賞したそうです。

主催者のBrandChannelはアップルの登場する象徴的な映画として「Captain America: Winter Soldier」をあげています。この緊迫したシーンはなんとアップルストア内で繰り広げられているんです。さすが、カメオ出演の王者って感じでしょうか。

source: BGR

(斎藤真琴)