私用メアド事件でヒラリー「携帯2台も持ち歩きたくなかったのよ文句ある?」

「携帯は1台にする方がラクだと思ったんです。規則違反でもなかったし」

国務長官の公務で私用メアド使ってたで、ヒラリー・クリントン氏が国連で初めて釈明記者会見を開きこう語りました。要するに携帯は2台持ち歩くのが嫌だった、ということです。

「今にして思えば2台にして、メールアカウントも2つにすればよかったと思ってます。が、当時は1台の方がシンプルだと思ったんです。余計にややこしくなってしまったけど」

…と不快感後悔をにじませるヒラリー氏。

なんでも国務長官在任中の規則では、記録に残しておけば個人用メールは使ってよいことになっていたんだそうですよ? また、自宅のサーバーを立ち上げたのはもともと夫ビルであり、サーバーはニューヨークの自邸に置いて常時ガードしており、(当人の知る限り)一度も侵入されたことはないという点を強調しました。

米国のプロフェッショナルの間では業務用と個人用で携帯は2台持ち歩くのが割と普通です。公私両方のアドレスを1台で使うことで情報漏えいリスクが高まったかどうかはなんとも言えません。家にサーバー置いて管理したところでセキュアとは言い切れませんがね。軍用レベルの認証・暗号化技術は使えないので。まあ、そんなこと言ったら、外交公電25万件リークされた国務省はどうなのよってもあるわけですが。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(satomi)