必要そうな工作機械3つ入れときました

これでどうだ!

3Dプリンタは無限の可能性を秘めたツールと言えるかもしれませんが、たいていは決まったプラスチックからしかものを作ることができません。コンピュータ制御の削り出しマシン、CNCミルも便利ではありますが、これも単機能のものばかり。じゃあ合体させれば1台2役の便利なものができるはず。いや、どうせならレーザーエッチングも!

というわけで3Dプリンタ、CNCミル、レーザーエッチングマシンを一つのボックスに詰め込んじゃったのがこの「BoXZY」。本体上部のアタッチメントをつけ替えることで3つの機能を簡単に変更できるようになっています。

これで機械を3台部屋に置かなくても、3Dプリントしたものを、木を削りだして作ったものと組み合わせ、自分のロゴをレーザーで刻印しちゃったりといったことができるんですね。しかしながら、価格はお安くはなく、3つ全てのアタッチメントを使いたいならお値段2,499ドル(約30万円)からとなります。

BoXZYは現在kickstarterで資金を募集中。目標金額5万ドル(約600万円)に対してまだ資金調達期限を30日残し24万ドル(約2900万円)以上が集まっています。

source: BoXZY

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(abcxyz)