まだまだ進化は続く? 2015年はムーアの法則50歳の誕生日

まだまだ進化は続く? 2015年はムーアの法則50歳の誕生日 1

50歳の誕生日おめでとう!

「半導体の集積密度は約2年で倍増する」というムーアの法則が今年で50年をむかえました。この法則は米インテル社の共同創業者であるゴードン・ムーア氏が1965年に提唱した経験則です。

ずーっと「いつかは終焉する」と言われながらも様々な技術発展に支えられて今日まで続いてきましたね。そんなムーアの法則をユニークなツイートとともに振り返りましょう。

ゲームのキャラクターの変化をたどった図ですが、確かに小さいころのゲームと比べたらものすごく変化してます。ゲーム機の処理速度も目を見張るものがあります。

単にデバイスが速くなっただけでなく大きさもどんどん小さくなりました。ムーアの法則で考えると携帯も何か新しいものに取ってかわられるんでしょうか。

Intelも次第にムーアの法則に追い付くことががむずかしくなっていると認めながらも現在14nmチップからさらに次の段階に進むとしています。今後もこれまでのように終わるといいながらも、やはり新しいテクノロジーによって限界が破られるんでしょうか。

source: Medium

(ケンタロー)