ケンタッキー50周年で、食べられるコーヒーカップを提供

150302kfcscoffecup.jpg

ゴクっと飲んで、パリっと。

ケンタッキーが50周年記念に発表したのが、Scoff-eeというコーヒーカップ。ペーパーカップなのですが、このカップなんと食べられます。だってクッキーなんだもん。

カップは3つの層でできており、1番内側に熱に強いホワイトチョコレートのコーティング、そしてクッキー、外にはケンタッキーのロゴを印刷したシュガーペーパーが。もちろん、すべて食べられる素材です。新たなコーヒー体験と、ゴミが出ないプロダクトを目指して開発されたこのカップ。この夏イギリスで提供開始予定です。

食べられるカップと言えば、クロナッツ(クロワッサンドーナツ)で世界に大革命を起こしたニューヨークはアンセル・ベーカリーでも、チョコチップクッキーにミルクをいれて提供しています。珍しくはありますが、ケンタッキーの取り組みは史上初ではありません。が、外側にシュガーペーパーをレイヤーすることで、自社ロゴが入るところが肝。

日本でも、この食べられるコーヒーカップ提供してほしいな。

150302kfcscoffecup01.jpg

source: psfk

(そうこ)