腕時計がお財布代わりになる! Apple Watchでの買い物手順を解説

腕時計がお財布代わりになる! Apple Watchでの買い物手順を解説 1

iPhoneなしでも大丈夫。

Apple Watchは美しい見た目やさまざまなアプリも魅力ですが、Apple Payで無線でピピっと買い物できるのも特色。でも、腕時計で買い物ができるって言われてもちょっと信じがたいですよね? そこで、この記事ではApple Watchを入手してからApple Payで買い物をするまでの手順を解説したいと思います。

  1. まず、Apple WatchとiPhone 6かiPhone 6 Plus、あるいはiPhone 5/5c/5sのどれかを用意する。これがなければ始まりません。次にiOS 8.2から登場したApple Watch用の専用アプリでiPhoneとApple Watchを連携させます。また、PassbookのApple Payオプションにあなたのクレジットカード情報も登録しておきます。これで、あなたのApple Watchに支払のための情報が登録されました!
  2. 次に、Apple Pay用のパスコードを作成します。このパスコードはApple Watchを付け直すたびに入力する必要がありますが、逆に言えばApple Watchを一度着けてパスコードを入力すれば、外さない限りスムースに買い物ができるってことです。
  3. さぁ、買いたいものを選んでレジに行きましょう! Apple Payに対応したレジで右サイドのコミュニケーションボタン2回タップし、Apple Watchを読み取り端末にかざせば買い物完了です。うーん、これぞ未来の買い物って感じですね。Apple Watchを手に入れたら、しばらくこの方法で買物しまくりそうです。
  4. また嬉しいことに、買い物する際にiPhoneを持ち運ぶ必要はありません。一度上記の登録作業をおこなってしまえば、Apple Watchに買い物に必要な情報がきちんと残っているからです。Apple Payが普及すれば、スマホすら持ち運ばずに普通に買い物できるのが当たり前になりそうです。

あとは、Apple Payが日本へ正式導入されるのを待つばかり。早くきてくれ~。

source: re/codeTrusted Reviews

(塚本直樹)