意外ともつぞ? Apple Watchバッテリーの詳細情報

意外ともつぞ? Apple Watchバッテリーの詳細情報 1

すべては使い方次第。

普通に使えば18時間はもつと、いい意味で私たちの期待を裏切ってくれたApple Watch。本日のイベントとともにアップルはバッテリー情報の詳細を公開したんですが、それを見ると使い方次第ではかなりバッテリーをもたせることができる予感です。

まず、普通に使った場合の18時間から。これは時間を90回チェックし、通知を90個受け取り、アプリを45分使い、音楽を再生しながら30分ワークアウトを利用した場合の数字です。結構ヘビーに使った場合を想定していますね。案外、これよりも使わないって人も多いかもしれません。

次に連続通話時間は最大3時間。これは、Apple WatchとiPhoneを連携させて電話をかけ続けた場合の数字です。また、音楽の最大連続再生時間は6.5時間となっています。こちらはちょっと心もとないかな? 長時間の音楽再生はiPhoneでやったほうがよさそうです。そしてワークアウトなら7時間。これは心拍数計をONにし続けた場合の数字です。こんなに長時間運動する人はあまりいないと思うので、これは問題ないでしょう。

最後に、ほとんど機能を使わない場合には48時間。これは1時間に4回時計をチェックした場合です。時計として使うだけなら意外とバッテリーがもちますね! さらに、省電力モードの「Power Reserve」なら最大72時間駆動することができるそうです。

やはりスマートウォッチもスマートフォンと同じく、どんな風に使うかでバッテリーのもちがだいぶ違いますね。Apple Watchもヘビーに使わなければ、1日くらい十分にバッテリーがもつということがわかりました。

source: Apple

(塚本直樹)