シャワーを浴びるときは、Apple Watchを外しましょう

2015.03.10 04:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150310_noshower.jpg


防水なら完璧だったのに!

Apple Watchの防水性について、キーノートでは一切触れられませんでしたが、公式サイトにはしっかりと注意書きがありました。Apple Watchは「IEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能」で、防水性能はありません。シャワーを浴びてる男性の写真も無くなっている模様です。

Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

汗や雨、手を洗う時に飛んでくる水滴などは大丈夫ですが、シャワーやお風呂、プールの際は外しましょう。耐水性も無い「レザーバンド」の購入を考えている人は、「スポーツバンド」や「ミネラーゼループ」を一緒に買ったほうが良さそうですね。

ティム・クックが「私はApple Watchをつけたままシャワーに入るよ」と言ったという噂は、どうやら聞き間違いだったみたい。それともいくつも持っているから気にしないのかも…。

防水機能は次のモデルに期待しましょう。


source: Apple

(徳永智大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア