正直すぎる…Apple Watchに対する海外ネットの反応

2015.03.14 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150310-stainless.JPG


日本だとどうなんでしょうか?

いよいよ4月10日に予約が開始される「Apple Watch」ですが、アップルによる発表会後、ネットでみられた反響をまとめてみましたよ。ティム・クックCEOは満面の笑みでApple Watchを送り出していますけど、その評価は海外でも二分されているようです……。


Apple Watch Editionはどう?


150310_edition_02.jpg


販売価格が100万円をかるく超えてしまう、ゴールドを用いた最上位機種の「Apple Watch Edition」は、どんなふうに受け止められているのでしょうか?

新たなゴールドアクセサリーのダサいスタンダードを作り上げたってことで、1万ドル(約100万円)のApple Watchを発売するアップルには感謝しないとね。

そんな辛らつな皮肉をTwitterに流しているのは、米女優のアナ・ケンドリック(Anna Kendrick)です。スラングの「douchebag」という言葉をダサいと訳していますが、自分にとって嫌でたまらない人を軽蔑的に指す表現まで用いて、Apple Watchが酷評されてしまっていますね。

Apple Watchはスティーブ・ジョブズが出した「Lisa」に似ている。正しく評価されず、誤った形でしか世に受け入れられず、きっと「グーグル・グラス」二の舞いとなってしまうであろう。

こちらも厳しいコメントですよね。経済学者のJoseph Brusuelas氏は、同じくTwitterで、高い販売価格と動作パフォーマンスの悪さから失敗作に終わってしまった、アップル初期のコンピューターのLisaを引き合いに出しています。Apple Watch Editionは、あのグーグル・グラスのように、ひっそりと将来的に姿を消す幕引きを迎えてしまったりもするのでしょうか?

腕時計が350ドル(約4万円)から1万ドル(約100万円)の価格帯で販売されること自体は珍しくない。だが、Apple Watchは違う。これはロレックス(ROLEX)ではないのだ。1年もすれば時代遅れになってしまい、10年もするとバッテリーは充電不能になって電源すら入れられないだろう。

こちらはオンラインコミュニティ「Reddit」の一ユーザーの感想です。ほかにもRedditには、ただ外見だけ高価なデザインになっただけで、中身の機能は他の低価格モデルと変わらないApple Watch Editionが、ステータスシンボル以外にはなんの役にも立たないと、概して否定的なコメントが並びました。まぁ、このとんでもない価格帯のApple Watch Editionをポンと購入してしまう人は、そもそも機能性だとか、長持ちするかどうかだとか、あまり気にしないのかもしれませんけどね~。


Apple Watch全体に対する印象は?


150309napplewatchsportprice.jpg


それでは、機能的な観点からみた、スマートウォッチとしてのApple Watchの評価はいかがなものでしょうか。

Apple Watchの側面には、デジタルクラウン(竜頭)とサイドボタンの両方が装備されていることが、ユーザーを大いに困惑させるだろう。各機能のナビゲーション操作に、押したいボタンとは逆のものを触ってしまったり、同時に両方を押してしまうことが度々あり、知らずにホーム画面へと戻ってしまったり、アプリを終了させたり、意図せぬ機能をスタートさせてしまった。これまでiOSでは、ホームボタンが1つ備わるのみのパラダイムが貫かれており、決定的な違いがある。

The Vergeのハンズオンレビューには、Apple Watchに備わるハードウェアボタンに関して、こんな気になる使用感が載せられていましたよ。iPhoneやiPadとは、ユーザーインターフェース(UI)も大きく異なることを覚悟したほうがよさそうですよね。

バッテリーの持ちが18時間というのは大いに受け入れられる。だって、君は1日に何時間起きているというんだい? たとえ6時間の睡眠でも、それ以外の18時間の日中に、ずっとApple Watchを腕にはめたままでいられるということだ。夜になったらはずして、朝になったらつければいい。18時間という通常使用時間の想定は、バッテリー切れを必要以上に心配しなくてもよい妥当なラインだ。

意外と当初の予想よりは長くバッテリーが持ちそうなApple Watchの性能に関しては、このMacrumorsに書き込まれた一ユーザーのコメントが代表しているように、好意的な意見も目立っているようです。ただし、Apple Watchには選択肢がありすぎて、もうどれを選んだらよいのかわからないという、購入にあたって抱く悩みを懸念するコメントも、同じくらいたくさんありましたけど……。


Apple Watchのアプリはどう?


140912_applewatchsurprise1.jpg


発表会のデモを眺めていて、なぜ自分がiPhoneを買うことになったかを、はっきりと思い出す瞬間があった。なにか決定的な唯一の要素が購入を決断させたのではない。あらゆる小さなものが積み重なり、そのすべてが自分を動かすことになったのだ。

Business Insiderの記者は、こんな正直な感想をつづっています。確かにApple Watchを絶対に買いたいとうならせるようなキラーアプリが、現時点ではどれほど存在するのか疑問ですけど、でも、いろいろと総合的にみるならば、まあまあよいアプリもそろっているかなと感じている人は少なくないかもしれませんよね。それは、iPhoneやiPadでも同じことのように思えます。

アップルが機能面で人々を大いに驚かせるような発表をなんら行なわなかったことに、ライバルたちは安堵してよいだろう。サムスンもモトローラも、アップルが多くの分野で自社製品を抜き去ってしまったと嘆く必要などない。例えば、すでに「Moto 360」のスマートウォッチでは、アップルが今日の発表会で披露した大半のことを、同じように実現できる。もちろん、どうやってそれを実現すればよいのか、ユーザーは戸惑うこともあるだろうが。

アナリストのJames McQuivey氏は、このようにApple Watchの仕上がりを総括していますよ。Android Wearのスマートウォッチだと、Apple Watchよりも見劣りしてしまうのか? この問いに対して、デザイン面は別にし、少なくとも現時点ではApple Watchでなければならないキラーアプリや機能は、それほどないと考えてもよいのかもしれませんよね。Apple Watchのカレンダーアプリは使いにくいという声も届いているみたいですし、まだまだApple Watchに改良の余地はあるということでもあるかな……。


source: BBC

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア